7位:2018 イタリア代表 ホーム ユニフォーム 半袖 予約販売中

2018ワールドカップ予選2次ラウンドでイタリア代表vsスウェーデン代表予定です。10月6日、「プーマ」が2018 イタリア代表 ホーム ユニフォーム 半袖を新作して発表しました。それも2018シーズンの先発になりました。

2017年10月06日にイタリアのトリノで行なわれた「2018 FIFAワールドカップ(W杯) ロシア大会」ヨーロッパ予選第09節、イタリア代表のDFジョルジョ・キエッリーニとマケドニア代表のFWアレクサンダル・トライコフスキが1点ずつを奪い合い、1ー1の引き分けに終わっています。

2018 イタリア代表 ホーム ユニフォームはイタリア代表伝統的な青の基調を引き続いてデザインしました。鮮やかな色合いの青をカラーリングとして採用し、左胸に新発表のエンブレム、右胸にキャットロゴが印象的なデザインです。ドライ機能など、機能性も兼ね備えたスポーツ時の着用感にも配慮したアイテムとなっています。

シームレス構造と組み合わせることで、軽量で第二の肌のように感じる完璧なフィット感を実現しています。その上で、「アズーリ」の偉大なる栄光を表すイタリアントリコロールが袖口と襟裏に施され、選手を鼓舞するようなデザインとなっています。

 

 

 

 

 

1位:欧州 2016 イタリア代表 トリビュート アウェイ ユニフォーム キット

2006年世界大会でのイタリア優勝10周年を記念した半袖アウェイレプリユニフォームです。白のユニフォームに青のキャットマーク、胸元のイタリアリーグロゴが特徴です。吸汗速乾機能dryCELL対応アイテムです。
・DRYCELL対応アイテム:吸水速乾の高機能素材により運動中の衣服内はドライで快適。

新ユニフォームは2016年のワールドカップ優勝をトリビュートしてデザインされ当時のアウェイモデルに触発されています。白基調で独特な襟、ネイビーを襟、袖口、裾に使用し、協会エンブレムはゴールドで胸中央に配されました。

・サッカー ユニフォーム 通販ならこちらへWorldcup Uniform

3位:欧州 2016 イタリア代表 ホーム GK ゴールキーパー ユニフォーム

2016Spring イタリア代表 ホーム 半袖 GK ゴールキーパー ユニフォーム キットです。
2016年欧州大会に向けた新作デザインのホーム GK ゴールキーパー用サッカー ユニフォーム。運動中の衣服内をドライで快適に保つ吸水速乾の高機能素材を採用。

2016 イタリア代表 ホーム GK ゴールキーパー ユニフォーム

2016 イタリア代表 ホーム 半袖 GK ゴールキーパー ユニフォームはグレーをベースにデザインしました。襟仕様はホームユニフォームと違って基本となるクルーネックにしました。肩かた袖にかけられたカラーのアパレルフォームストライプが印象的なデザイン。総体言えば、ゴールキーパー ユニフォームはシンプルなデザインです。

いつもと同じ、メーカーロゴはユニフォームの右胸に配置していて、左胸はチームエンブレム圧着。

パンツとソックスもグレーでやっぱりイタリア代表 GK ユニフォームがグレーの印象が深いですね。

4位:欧州 2015 イタリア代表 アウェイ ユニフォーム キット

2016年欧州選手権に向けた、イタリア代表のアウェイレプリカユニフォームです。「プーマ」フォームストライプ、ピンストライプ、前身頃大胆なイタリアカラー縦ラインが特徴です。吸汗速乾機能’dryCELL’対応アイテム。
(本体)ダブルニット ポリエステル100%/(切替)メッシュ ポリエステル100%

2015 イタリア代表 アウェイ ユニフォーム2015 イタリア代表 アウェイ ショーツ

2015 イタリア代表 アウェイ ユニフォームは伝統的な白を基調に、イタリア国旗カラーのストライプを正面中央に配置しています。“アッズーリ”の伝統とともに、衰えることのないカルチョの情熱と誇りを表現したデザインとなっています。

印象的な青い襟に加え、肩から袖にかけてはPuma伝統の「アパレルフォームストライプ」。さらに差し色としてゴールドを加えることで強豪国らしい栄光を表現しています。

シャドーのピンストライプが上品な質感を強調。胸部分の処理から協会エンブレムがこのデザインの元になったことを感じさせます。

前モデル同様スリムカットのシャツには、「ACTV Thermo-R」テクノロジーを採用。暑いコンディション時はクールに、寒いコンディション時はホットにするといった異なる機能を実現するため、ヘビが這った跡のようなACTVテープがフィジカルパフォーマンスをサポートします。